人気のネイリスト求人に合格するコツを伝授

履歴書

大型車両の乗務員になる

バス

入社後の免許取得も可能

自動車の運転が好きな人に適した職業はいくつか種類がありますが、その1つがバスの運転手です。バスの運転手には、さまざまなタイプがあります。バス運行会社に就職して乗務員として運転業務を行うという点は共通していますが、路線バスをはじめとして高速バスや観光バス、修学旅行等の際に利用される貸切バスなど、いろいろな就業形態があります。プロスポーツチームなどに就職し、遠征のための専用車両を運転するといったケースもあります。多様な選択肢の中から仕事を選べる職種であると言えます。バスの運転手に必要な資格は、大型二種自動車運転免許です。この免許は、普通自動車免許・大型一種自動車運転免許・大型特殊自動車運転免許のいずれかの保有者で、免許取得後3年を経過していれば受験することができます。ただ、運行会社の中には入社後に研修を実施して免許取得をサポートしているところも多く、そういう会社にあっては普通免許を取得して3年以上経ってさえいれば求人に応募できます。バスの運転手に関する求人情報は、インターネット上にあるいくつかの専用サイトでチェックすることができます。それぞれの企業のホームページでも募集情報を載せているところが少なくなりません。また、公共職業安定所でもしばしば募集が行われています。運転手になるための手段は一般企業への入社と変わらず、求人に応募して採用試験を受け、合格することでバス運行会社の社員となります。通常の職種と異なるのは入社後の研修期間が長いことで、経験や免許の有無にもよりますが3〜5か月程度の研修期間が設けられています。